こま日記
コマディーの日記。
Lilypie Fifth Birthday tickers
Lilypie Third Birthday tickers
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
東北の話⑦
ようやく8月7日の話。

いよいよ家に帰る日になってしまいました。
おとなしくのんびりして山形から高速で帰るか、行ってみたかった川原毛大湯滝にがんばって行っちゃうか。
最終判断をとーちゃんに委ねてみたらあっさり「温泉の滝入りたい!」と。
事前に調べた感じではカムイワッカみたいに滝を登ったりすることもなく、遊歩道のように整備された道を行けば入れる滝に着くらしかったので、チビ連れでも安心かなとは思っていたのだけど正直少し不安もあったりしてね。
でも行くことにしましたよー

途中で昼食をとろうと寄った雄勝というまち。
小野小町の生まれたところがここだということは初めて知った。っていうかお恥ずかしながら秋田ってことも知らなかった~。だからあきたこまちってお米があるのかー、とね、納得しましたがね。

三途川渓谷という怖い名前の渓谷にかかる橋の端には閻魔大王が座っててびっくりした。反対側はお地蔵様でひと安心・・・?
そこからすぐの道を入っていくと川原毛地獄&湯滝へと通じてるのです。

ぐにゃぐにゃ道をしばらく走りながらふとした疑問。
地獄には泥湯温泉側からの道の方が近いらしいし、この道って湯滝に行くためだけに作ったのかなぁ。一番初めに湯滝を見つけたのはいつごろの人で、それからどんぐらい経って道ができるまでになったのかなぁ。。
こういう答えの出ない疑問をついつい思い浮かべてしまうクセがあるね。しかもじっくり考える。。

駐車場に着くとそこそこ車が停まっていて、こんなとこにも「ばばへらアイス」が出店してましたよ。
たいてい道路のなんにもない&気づいた時には停まれませんよねっていうような場所にばかりいてどうも神出鬼没に感じていたけど、ここは稼ぎ頭なんじゃないかしら。

yutaki1.jpgyyutaki2.jpg
yutaki3.jpg

さてさて、歩きだすと早速暖かい空気を感じる緑っぽい川を渡った。
ここに立て看板。「このあたりは熱湯ですので触らないでください」と。そうなんだーー!
15分くらい歩いたかな。最後はずっと階段でふうちゃん連れてるのは正直ちょっとしんどかったけど、着きました!
結構人いっぱい。みんな水着で浸かってるんだけど、小学生くらいの子連れファミリーの会話がちょっと聞こえたら、どうやら熱いらしい。。

う~ん、確かにちょっと熱いかなぁ?42度って表示されてる温泉に入った感じ。
案の定チビたちは暑がったけど、さすがに雰囲気が楽しかったのか帰りたがるとかってことはなく、移動しながら徐々にだけど体も入れてみたり。
途中で話した地元のおじさんによると、この日は熱かったらしい。

だいぶポカポカしたうえでまた階段上がっていくのはちょいとしんどいな、ばばへらアイス買っちゃおうかなとか心の奥で思っていたら、駐車場に戻ったらいなくなってた・・・。閉店早いのね


あとは一関をめざして出発!
安部旅館(大湯温泉)か栗駒山荘の温泉に入りたかったけど、時間的にその後が厳しくなりすぎるので断念
栗駒神水にだけ寄り道して水をくんで、あとは走るばかり。jishin.jpg

このあたりは2年前の岩手宮城内陸地震の被害がかなりひどかった地域で、通った国道も実は最近まで全線開通していなかったとか、宮城に抜ける方はまだ通じてなかったりとかだった。
離れた場所で暮らしているとつい忘れてしまうけど、出発前に色々調べていたときに、まだ2年しか経っていなかったんだとわかり少し驚いた。
キャンプ場も地震のあと閉鎖したままのところがあり、実際そちらを通ってみると温泉旅館も壊している途中だったり、まだまだ痛々しいあとが残っていた。
なにより、崩落した祭畤大橋を目の当たりにした時胸が痛んだ。
今は仮の橋を通っているのだけど、すぐ横に立派な新しい橋を建設中だった。今後崩落した方の橋はどうするのだろう。。このまま残すのかな。。
災害のつめ跡は、きっと早く忘れたいと思う人たちには消えてほしいものなのだろうけど、こういうことがあったと忘れないために敢えて残すことも意味が大きいのではないかと私も思う。
genbikkei.jpg
厳美渓についたのはだいぶ日も暮れかけた頃で、もちろん終わってるとわかってた郭公だんごには黄色の旗が出てた。(それどころか店舗ももう閉まってたし、周りの店もすっかりみんな終わってた・・・。)

厳美渓は、初めて行ったときはちょっと拍子抜けしたけど、高さのあまりない渓谷を目線の高さで眺めることができるのがなんだか好き。
夕陽の時間に行けたのも雰囲気よくてよかったかもっ

さて、ついに残すは高速一直線!一関ICからのったのは6時になってたかな。
夕飯の休憩を終えてから子どもたちも寝て、帰宅は12時でした。
あっという間に過ぎた1週間。キャンプも全然問題なかったじゃんって思ったけどやっぱり身体はかなり疲れてたみたい・・・。
翌日は廃人一家!?ダラダラ家で過ごしました~。

いやー、でも楽しかった行ってよかった!!
どうなることかと不安もあったけど、充実した旅になった気がしまーす

スポンサーサイト
【2010/08/25 23:19】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<そして最近のこと | ホーム | 東北の話⑥>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komady.blog9.fc2.com/tb.php/614-f8a5313f
| ホーム |
プロフィール
コマディー
  • コマディー
  • 2005年5月30日に男の子を出産。そして元旅人のコマディーです。だんなさまのタクと最近ますます手のかかるあおさんと三人暮し・・・でしたが、2007年10月18日女の子を出産。4人家族になりました。なんてことない日々の子育て生活日記です。
  • RSS
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の日記
最近のコメンツ
トラックバック
以前の日記
リンク
こま日記検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。